RSS | ATOM | SEARCH
日本赤十字社 中国大地震復興支援報告
日本赤十字社より、中国大地震復興支援報告が届きましたので、ご紹介します。


-----


■被災者に届いた住宅再建支援金 新しい学校・病院も続々と完成へ

2008年5月12日に中国四川省で発生した大地震。8万7,000名以上が犠牲となったこの地震の被災者に対し、地震直後にはテントや食料等の救援物資を、また冬には布団や防寒服を届けてきました。
あれから2年、地震で家を失った被災者の多くは貯金と政府の補助金では足りず、ローンを抱えて住宅を再建し、各地ですでに完成しています。赤十字は被災者の住宅再建経費の一部を現金支給する形で支援しており、日本赤十字社は四川省の激震地の被災者約1万6,500世帯を支援しました。
この他、被災した学校26校、病院39ヶ所とクリニック54ヶ所の再建も支援しています。これらは2009年後半から次々と完成し始め、明るい新校舎に笑顔がこぼれています。再建施設は2010年内にはすべて完成する予定です。


■ありがとうメッセージ

震災で家が崩壊し、再建のために銀行から借金をすることになりました。私たち農民の現金収入は少なく、返済が心配で仕方なかったが、赤十字の支援金のおかげである程度返済の目途が立ちました。日本の皆さん、本当にありがとう。
【四川省 徳陽市 綿竹 王天福さん】


-----

■活動資金へのご協力をお願いします

このような日本赤十字社の活動は、活動に賛同された皆様からご協力いただく日赤社費によって実施されています。皆様のご理解・ご協力をよろしくお願いします。

日本赤十字社 鹿児島県支部 奄美市地区
(社会福祉法人 奄美市社会福祉協議会 内)
TEL 0997-52-7601
FAX 0997-53-5172
author:奄美市社協, category:日本赤十字社, 13:55
comments(0), trackbacks(0), - -
日本赤十字社 ジャワ島中部地震復興支援報告
日本赤十字社より、ジャワ島中部地震復興支援報告が届きましたので、ご紹介します。


-----


■被災地に広がる支援の輪

2006年5月27日に発生したジャワ島中部地震の被災者に対して、日本赤十字社は緊急から復興までの支援を切れ目なく行ってきました。
被災建物再建支援等を行った後は、水不足が深刻な貧困地域に雨水貯水槽を設置したり、身障者が自活するための支援を行ってきました。
また、3年あまりかけて行ってきた復興支援の成果を図るべく、第三者による事業評価も実施し、すべての事業が終了しました。ご支援ありがとうございました。


-----

■活動資金へのご協力をお願いします

このような日本赤十字社の活動は、活動に賛同された皆様からご協力いただく日赤社費によって実施されています。皆様のご理解・ご協力をよろしくお願いします。

日本赤十字社 鹿児島県支部 奄美市地区
(社会福祉法人 奄美市社会福祉協議会 内)
TEL 0997-52-7601
FAX 0997-53-5172
author:奄美市社協, category:日本赤十字社, 13:24
comments(0), trackbacks(0), - -
日本赤十字社 ミャンマー・サイクロン復興支援報告
日本赤十字社より、ミャンマー・サイクロン復興支援報告が届きましたので、ご紹介します。


-----


■地域の活力を取り戻すため、復興支援事業を続けています

2008年5月2日夜から3日未明にかけてミャンマー南部を襲った大型サイクロン「ナルギス」は、死者・行方不明者あわせて14万人という甚大な被害をもたらしました。日本赤十字社は、約4億5,000万円の救援物資を支援し、ミャンマー赤十字社ボランティアの手により被災者に届けられました。
2008年11月からは復興支援が本格化し、10万世帯を対象に生計再建、住宅建設、保健・衛生普及、学校再建等さまざまな分野で支援活動を実施。生計再建の元手を得るための雇用機会の提供、農業従事者対象の肥料配布などのほか、住宅やコミュニティー施設などの建設も進んでいます。また学校再建事業では、被災地の災害特性を考えて、「防災強化型」の学校を建設中です。子どもたちに快適な学習の場を提供するとともに、地域の人々にも緊急時の避難場所を提供していきます。


■ありがとうメッセージ

サイクロンで自宅が倒壊してしまいましたが、私たちの村では、赤十字が住宅建設を実施しています。その対象者に自分の名前があることを知ったときは、嬉しくて泣いてしまいました。今は、新しく安全な住宅で、4歳の孫と二人で心地よく生活しています。
【ドウ・ティン・プウ さん (70歳女性)】


-----

■活動資金へのご協力をお願いします

このような日本赤十字社の活動は、活動に賛同された皆様からご協力いただく日赤社費によって実施されています。皆様のご理解・ご協力をよろしくお願いします。

日本赤十字社 鹿児島県支部 奄美市地区
(社会福祉法人 奄美市社会福祉協議会 内)
TEL 0997-52-7601
FAX 0997-53-5172
author:奄美市社協, category:日本赤十字社, 13:45
comments(0), trackbacks(0), - -
日本赤十字社 パキスタン北部地震復興支援報告
日本赤十字社より、パキスタン北部地震復興支援報告が届きましたので、ご紹介します。


-----


■被災者の生活基盤を整えて

2005年10月8日。約7万3,000人もの尊い命を奪ったパキスタン北部地震の発生から、4年が経過しました。
パキスタン国内の治安状況の悪化により、一時は復興支援の遅れが懸念されましたが、日本赤十字社が支援している給水衛生事業、小規模インフラ再建事業、農業研修など人々の自立に向けた活動は無事に終えることができました。
引き続き、中学校や職業訓練施設を支援することで学びの場や技術を習得する場の提供を行っていきます。


-----

■活動資金へのご協力をお願いします

このような日本赤十字社の活動は、活動に賛同された皆様からご協力いただく日赤社費によって実施されています。皆様のご理解・ご協力をよろしくお願いします。

日本赤十字社 鹿児島県支部 奄美市地区
(社会福祉法人 奄美市社会福祉協議会 内)
TEL 0997-52-7601
FAX 0997-53-5172
author:奄美市社協, category:日本赤十字社, 13:19
comments(0), trackbacks(0), - -
日本赤十字社 イタリア地震災害支援活動
日本赤十字社より、イタリア地震災害支援活動報告が届きましたので、ご紹介します。


-----


2009年4月6日、イタリア中部アブルツォ州ラクイラでマグニチュード6.3の地震が発生し、死者290人、負傷者1,000人、48,000人が家屋を失うなど、大きな被害をもたらしました。
イタリア赤十字社は、発災後、食料その他の救援物資の配布や心のケア支援などの被災者救援活動を行いました。
みなさまからいただいた救援金はイタリア赤十字社の活動への支援へ活用させていただきました。


-----

■活動資金へのご協力をお願いします

このような日本赤十字社の活動は、活動に賛同された皆様からご協力いただく日赤社費によって実施されています。皆様のご理解・ご協力をよろしくお願いします。

日本赤十字社 鹿児島県支部 奄美市地区
(社会福祉法人 奄美市社会福祉協議会 内)
TEL 0997-52-7601
FAX 0997-53-5172
author:奄美市社協, category:日本赤十字社, 13:12
comments(0), trackbacks(0), - -