RSS | ATOM | SEARCH
キャリア段位で能力評価 内閣府、介護職の処遇改善狙う
内閣府は11日、介護職員を対象としたキャリア段位制度の概要を同日の「介護職員の処遇改善等に関する懇談会」(厚生労働省主催)で説明した。客観的な評価項目で実践能力を7段階で評価し、評価された介護職員の処遇改善を図ることが狙い。今秋から始める予定だが、懇談会に出席した介護事業者団体からの反応は冷ややかだった。

福祉新聞 2012年5月21日号(2575号)より
http://www.fukushishimbun.co.jp/news/120521/03.html
author:奄美市社協, category:介護の情報, 11:37
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.amamishakyo.org/trackback/1332934