RSS | ATOM | SEARCH
70センチの津波を確認しました(非公式)
こんにちは。広報係です。

昨日は、チリ巨大地震による津波が
ここ奄美にも押し寄せるかもしれない・・・
ということで、警報が発令されました。
消防車も広報のために市内を巡回してました。
・・・にもかかわらず、釣りをしてる人を見かけ
愕然としたところであります。

ちなみに、

知人から仕入れた情報ですが
非公式ながら、70センチの海面上昇があったらしいです。
author:奄美市社協, category:雑記, 10:09
comments(4), trackbacks(0), - -
Comment
 チリ地震の時の津波警報で感じましたが、今回、2メーターの津波が押し寄せるとの予測で避難警告が防災無線での呼びかけがありましたが高齢者や身体に障がいの有る歩行困難な方達の避難誘導のお手伝いをして頂けるシステム作りを奄美市と社協の方で地域ボランティアの方々共連携でサポートシステムが出来る体制作りが必要だと痛切に感じました。
 私は海に近い処に居住し、今回津波予定時刻も発令されましたので介護タクシーを利用し車椅子トイレの設備完備の県立奄美図書館に避難しました。
 避難手段を持ち合わせない高齢者の歩行困難の方や重度の障害をお持ちの方は家族のいない時間帯は避難勧告や警告が出されても自宅で居る以外手段は無い事を改めて今回知らされ不安になりました。

ラッキー, 2010/04/11 4:41 PM
>ラッキーさん

コメントありがとうございます。

 >高齢者や身体に障がいの有る歩行困難な方達の
 >避難誘導のお手伝いをして頂けるシステム作り

はい。ご指摘のとおり、本当に必要だと思います。
それに向けて社協職員も研修会に参加し勉強させてもらってます。
その中で学んだことは、自助・共助・公助の役割分担ですね。
特に、共助の部分が大きなカギになることを学びました。

ラッキーさんのご意見を拝見させていただき
見の引き締まる思いです。
早くシステム化できるように、頑張りますね。

貴重なご意見、本当にありがとうございました。
広報係, 2010/04/11 7:57 PM
× 見の引き締まる思いです

○ 身の引き締まる思いです

でした。
失礼しました。
広報係, 2010/04/11 7:59 PM
 広報係りの方の迅速な対応で取り組み中とのお言葉の返答を頂き安堵しました。
 鹿児島市で生活をしていた時、住所変更手続きを役所にし、住居が変わるとすぐ地域の民生委員の方が自宅訪問し、色んなサポートの手伝いさせて頂きますとの対応で、役所と地域の民生委員らの連携が取れていましたが、此方に居を移し未だ地域の民生委員のお顔や何処においでかも分からず、ハザードマップで避難場所明記されていても弱者サポートがなされていずに、風雨災害や地震・津波対応に一抹の不安を抱えていましたので広報係り様の取り組みに着手しつつ有るのお言葉に安堵しました。
 有り難う御座います!

ラッキー, 2010/04/12 9:59 PM









Trackback
url: http://blog.amamishakyo.org/trackback/1332598